ダイエットの強敵!スーパー頑固な直腸性便秘

ウサギ便からの回復を願って、水分摂取量を見直したり、良質な油の摂取としてエキストラバージンオリーブオイルや亜麻仁油(痛い出費や…)、水溶性&不溶性食物繊維の摂取バランスに気を付けたりとしていますが…なかなか改善されない?

汚い話で申し訳ないですが、便意はあるのになかなか出てこない。
そんな感じになってしまっています。

これまでこんな事態に落ちいった事がないので、若干焦り気味。
このままろくに便が出ないままだったらどうしよ~
(((=ω=)))ブルブル

それは困るので、さっそくリサーチ。
そうしたらば、直腸性便秘という言葉がでてきました。

直腸性便秘ってなによ!?
!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚




 

直腸性便秘とは?


一般的な意味でいう便秘とは、大腸の動きが悪くなっておこる弛緩性のもの。ところが、直腸性便秘とは腸の出口付近に便がたまってしまう便秘のこと。より頑固で、なかなか改善するのが難しいスーパー便秘です。

便秘は、腸管にガンや炎症などが発生して起こる器質性便秘と、病気ではないのに起こる機能性便秘とに大きく分かれます。直腸性便秘は機能性便秘にあたり、他にも弛緩性便秘やけいれん性便秘などもこれになります。

機能性便秘では弛緩性便秘が特に多く、次に直腸性便秘が多くなっています。同じ機能性便秘に分類されるとはいえ、両者はまったく違う特徴を持っています。

弛緩性便秘は腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が低下してしまって、便が直腸まで送ることができなくなってしまっている状態。大腸を刺激してあげれば、便が直腸まで働いて便意を感じるようになります。

直腸性便秘は、便意はあるけれども出ない。直腸まで来ているのに、小量しかでない(コロコロ便)で残便感がある…。骨盤底筋が緊張してしまい、なかなか出てこれない状態になってしまっています。

排便は、骨盤底筋と肛門が緩むことでスムーズにおこなわれます。ところが、骨盤底筋が緊張してしまっていると息んだ時に肛門に力が入ってしまい出にくくなります。
また、便を押し出すには腹圧が必要ですから、腹筋が弱いとうまく圧力をかけることができず、外に出すまでに至らない…。
これらの影響から、直腸性便秘がどんどん酷くなっていくのです。

 

ひどい場合は病院で治療


この直腸性便秘は、女性特有の便秘。息むことでどんどん悪化させていくので、これがを引き起こすこともあります。ひどい場合は、病院を受診して早めに対策を取るのが大事。

病院では、排便造影検査で調べることができます。肛門からバリウムを注入し、息むことで直腸がぷくーっと膨らんだら直腸性便秘です。

その場合、バイオフィードバック療法やバルーン訓練で、息んだ時の力の入れ方や腹圧のかけ方などを訓練。服薬治療で排便をコントロールすることもあります。それでも効果がない重度の直腸性便秘の場合は手術になることもあるようです。

 

直腸性便秘のトイレ方法


ひどい場合は病院を受診したほうがいいですが、日常範囲でできることもあります。それは、トイレでの排便方法。

便は直腸を通って肛門に下がりますが、直腸と肛門はほぼ直角の位置にあります。息むとその角度がどんどん広がり便がスムーズに排出されますが、直腸瘤があると開きにくく、息んだ力も別のところから抜けてしまうので下の方に押し出す力にならず…。

なので、直腸性便秘の場合は、前かがみの姿勢でトイレに座るようにします。イメージ的には、和式トイレです。実は、あれは理にかなったトイレなんですね。

前かがみの姿勢をとると、直腸と肛門の角度がぐっと広がり便が下に出やすくなります。そして、かかとを少し上げおなかを手で押さえて軽く息みます。

強く息むと肛門が緊張してしまうのでリラックス。ゆっくりと長い深呼吸をすると、肛門の緊張もとけやすくなります。また、長く息むのはNGですから、数分待っても出ないなら切り上げ、再び便意が出たときにトライします。

 

食事は水溶性の食物繊維を意識!


便秘と言えば不溶性食物繊維の摂取が思い浮かびますが、直腸性便秘の場合ではそうではないようです。

不溶性食物繊維は便のカサを増やしてしまうので、いたずらに便を増やしてしまうだけになってしまうのだとか…。むしろ、海藻類やキノコ類、果物といった水溶性食物繊維をたくさん食べる方がいいそうです。

水溶性食物繊維には、下記の食材があります。

・レモン(全果)
・たらの芽
・かんぴょう(乾)
・にんにく
・納豆
・なの花
・抹茶(粉)
・ゆず(果皮)
・アボカド
・うずら豆
・にんじん
・カレー粉
・オクラ
・モロヘイヤ
・大麦(押麦)
・なめたけ
・いんげん豆(ゆで)
・とうがらし
・うめ干し
・なめこ
・わさび漬
・豆きんとん
・豆みそ
・芽きゃべつ
・しゅんぎく(ゆで)
・からし菜漬け
・切干だいこん(乾)

ネバネバ系が多く見られますね。
これらの食材を積極的に使いたいものです。

直腸性便秘がスーパー頑固な便秘と言われるほど。
排便方法や普段の食事から、直腸性便秘を改善していきたいですね。
これ以上ない時限爆弾をいつまでも抱えているわけにもいきませんから!
(ง `ω´)ง

 

お役に立てたら…ぽちっ!
お願いします(*´-`*)
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

<関連記事>

ダイエット中のコロコロ便!その原因と対策




カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です