脚痩せ&お腹痩せを同時に叶える水泳ダイエット

有酸素運動の一つ、水泳
水泳はダイエットの定番運動です。

ダイエットと健康を兼ねて、スポーツクラブに通っている人も少なくないですね。
今はいろんな時間設定やコース設定がされているので、仕事や家事に合わせて通うのも難しくありません。
ダイエットジムに通うよりも敷居が低いのも魅力的。

でぶりんも、若かりし頃に通っていました。
自由に泳ぐのはもちろん、歩くだけもOK。
膝などの関節に優しいので、おじさまやおばさま方もたくさんいましたね~。
また、通いたいもんだ(∩˃o˂∩)♡

水泳はダイエット効果が出やすく、脚痩せだけでなくお腹痩せにも効果的。
お腹ポッコリが気になるでぶりんには、今まさにぴったりの運動と言えます。

 

水泳ダイエットを始める前には、必ず準備運動
水の抵抗は想像以上に大きいので、硬い体のまま入ると、脚をつったりケガの原因にもなりかねません。
そして、水の中を2~3分ほど軽くウォーキング
これだけでも消費カロリーがアップします。
お腹に力を入れて、重心を安定させるように歩くと消費カロリーもアップします。




脚痩せだけでなくお腹痩せも狙うなら、クロールがおすすめ。
左右に体を動かすので、お腹のシェイプアップになります。
目安としては、50メートルを5回ほど泳ぐといいでしょう。

脚痩せにおすすめな泳ぎといえば、バタ足
水中でバタバタと脚を動かすのは、結構な力がいります。
しかも、お腹も刺激されると一石二鳥。
ビートバンを使ってバタ足をするのもありです。
バタ足も、50メートル×5回を目安にしましょう。

 

また、脂肪を燃焼させるには有酸素運動であることがポイント。
泳ぐときには、無酸素運動にならないようにゆっくりと。
疲れたときは止まって休むのではなく、泳いだ後は水中をゆっくりウォーキングするなどして、体を休めてあげるといいです。
その際には、お腹をひねりながら歩くとお腹痩せ効果も得られます。

水泳で見落とされがちなのが、「汗をかいている」状態であること。
水の中に入っているため、陸上競技のように汗と熱を実感することがないですが、代謝が上がっていることからも体内の水分が奪われがちな状態になっています。
途中で必ず水分補給をするようにしましょう。

 

泳ぎ終わった後は、余計な筋肉をつけないためにも体中をしっかりとマッサージ
そのままにしてしまうと、筋肉の付き方がアンバランスになってしまうことも…。
脚はもちろん、腕も念入りにマッサージして、疲れた筋肉を休ませてあげます。

ちなみに、運動後の体は糖分が吸収しやすくなっています。
ですから、「たっぷり運動したから」なんて間食してしまうと逆効果に!
食事は運動後1~2時間後にするようにし、適度な分量と栄養バランスを心がけるのを忘れてはいけません。

週に3回ほど通えるのが理想。
ただ、水泳による運動量は大きく体への負荷も高いですから、体の調子と相談しながら時間や回数を決めるといいですね。
継続できる、無理のない範囲でやるのが一番です。

 

でぶりんも、水泳なら継続できそう。
でも、その前に時間を確保しないといけません。
今はまだ仕事以外で縛られることが多いので、もう少し余裕ができたら近所のスポーツクラブに通いたいと思います。

あぁ~
めっちゃ、憧れるわ~(´∀`艸)♡
スポーツジムに通うなんて、ちょっとクールでかっこいい!
(注:あくまでデぶりんのイメージです)
それを目指して、仕事と育児にがんばろう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です