脚痩せ効果絶大!?カーフレイズとは?

ふくらはぎに効果絶大な筋トレ、カーフレイズ
良く知られているものらしいですが、でぶりん、初めて耳にしました。
彡(´∀`;●)彡 ヒューヒュー

カーフレイズは、ふくらはぎの筋肉…ヒラメ筋や腓腹筋を鍛えることができる筋トレで、スラリとした脚をつくってくれるのだとか。
特定の器具も不要で、やり方も簡単。
「筋トレって面倒くさそ~」と思っている人でも気軽に始められるのだそうです。

ただ、カーフレイズで基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させることが期待できるとはいえ、それも正しいやり方でおこなってこそ。
最初は筋肉痛になってしまうかもしれませんが、逆にそれが負荷がかかっている証拠でもあるので、焦らず継続していくのがいいそうです。

 

カーフレイズは、鍛えにくいといわれているふくらはぎの筋肉を重点的に鍛える事ができます。
ふくらはぎの内側と外側の筋肉をバランスよく、美しくキュッと引き締めると美脚効果絶大な筋トレ。

また、ふくらはぎは水分や老廃物などを上に持ち上げるポインプ作用がある部位ですから、そこが鍛えられるという事は、血流を改善して下半身のむくみや冷えなどを改善&予防
さらに、バランスが重要となるので、自然と体幹を育てる事にもなり、ぽっこりお腹や姿勢の改善、ウエストの引き締め効果も期待できるそう。

そんなカーフレイズはどうやるのかというと…

階段や台など、15cmほどの高さがあるヘリにつま先を半分ほど載せます。
かかとの半分がはみ出して立っているのがポイント。
背筋をぴしっと伸ばし、肩幅程度に脚を広げてつま先立ちし、脚の筋肉に力を入れてふくらはぎの筋肉を収縮させるように意識。
3秒ほどキープして、かかとをゆっくりと下ろします。

バランスを保ってのトレーニングとなるので、不安定に感じる時は壁などに手をついて転倒しないように注意!
また、急に多くの回数でおこなうと、肉離れを起こしたりアキレス腱をケガしてしまう可能性もあるので、自分の身体と相談しながら無理のないペースでおこないます。

 

カーフレイズは自分の体重を利用したトレーニング。
大きな動きはないので物足りなさを感じるかもしれませんが、これが意外ときつい。
ちなみに、かかとがしっかりと浮いていることが大事なので、中途半端に上げ下げしていないか気を付けたいところ。
しっかりと上げた正しいフォームでおこなっていると、筋肉痛になることもあります。

また、カーフレイズは早い動きよりもゆっくりとした動きの方が効果的。
時間をかけて、ゆるりとした動作でおこないましょう。

 

鍛えにくいふくらはぎを鍛えるのに効果絶大なカーフレイズ。
自宅でテレビなどを見ながら、ゆっくりできる手軽さがあるトレーニングです。
ポイントを押さえて、地道に続けていきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です