ただ歩くはNG!脚痩せウォーキングのポイント

歩く…
それは脚痩せダイエットの基本ですよね。
しかも簡単で、日常生活に取り入れやすい!

私ももちろん、歩くことを意識しています。
駅から駅に移るときの長~い距離を、エスカレーターを使わず階段で。
大きく歩幅を取って、速足で!

ついでに自宅から駅まで徒歩15分の道のりも歩きたいけれども、これは子供に却下されたため不可!
「ランドセルが重いんです」とのこと。
学童からの帰り道、これまた徒歩15分。
重たいランドセルを持つのは嫌だと。

最近は、脱ゆとり教育で教科書のボリュームが増え、ランドセルがかなり重量化しています。
そのせいで、腰痛に悩まされる子供が多いのだとか!?
そうなっては困るので、自宅から駅までのウォーキングはできないのでしたρ(・ω・、)

もうさ、置き弁してきていいよ!
宿題で必要がない限り、置いてこい!
許す!
先生に置き弁ダメだと言われたら、ママが話つけるわ(ง `ω´)ง
(モンスター!?)

さて、この脚痩せダイエットの基本である歩くこと。
より効果を高めたいのであれば、ちょっとコツを意識するのがおすすめ。
脚痩せダイエットのためには、ただ歩くだけじゃダメなんです!!

 

脚痩せダイエットを成功させるためには、基礎代謝を上げることが必須。
効率的にエネルギーを消費する運動なのが有酸素運動であり、その代表がウォーキング。
つまり、痩せたいならまず歩け!( ✧Д✧) カッ!!

ウォーキングは、すっきりきれいな足を作るのにとても向いています。
「歩いているけど痩せないんですけど?」
という人は、効果的な歩く方法を身につけていないといくこと。
つまり、歩くコツを制するものは、脚痩せを制するです!




ポイントその1:歩くなら20分以上

運動すると、人の体は血液中のブドウ糖を使いながら脂肪を燃焼させます。
このブドウ糖を消費するのには約20分ほどの時間がかかり、それから脂肪が燃焼され始めます。
つまり、しっかりと脂肪を燃焼させたいのであれば、20分以上は歩く必要があるということ。
1時間ほど歩ければ、高い効果が期待できます。

 

ポイントその2:モデルのように歩く

視線は真っすぐと前を向き、地面を踏みしめ、腰を移動させるように大きな歩幅で歩く…つまり、モデルさんのキャットウォーク
ちょっとやってみるとわかるかもしれませんが、この歩き方は腰から下の筋肉をフル回転!
だから、脚痩せに効果が高いのです。
モデルさんの足はとてもきれいですが、この歩き方を常にしているからなんですね。

ですから、ちょっとモデルさんになった気分で颯爽と歩いてみましょう。
イメージは、先に述べた通りですが、空から頭を吊り上げらているように真っすぐ立ち、お腹にぐっと力をいれ、背筋も意識して伸ばす。
足を大きく踏み出してかかとから地面に下ろし、腰を移動するような感じで重心を前に持っていきます。
下ろした足裏で地面を踏みしめ、後足を前に出します。

ちなみに、腰の高さを上下させないように注意!
膝を伸ばして足を前に出します。
腕を大きくふって歩くとなおいいです。
たまに、ショーウィンドウなどで自分の歩き方をチェックすることを忘れずに。
力の入れすぎや意識しすぎで、変な歩き方になってしまっていることもあるので。

 

ポイントその3:ながら歩きはダメ!

単調なウォーキングだけに、犬の散歩ついでやスマホを見ながら歩く人も…。
後者については絶対ダメ!
そもそも、視線が下に向いてしまっているので姿勢が崩れてしまい、効果的な脚痩せウォーキングが無理になります。
犬の散歩時も同様で、姿勢が崩れてしまってダメ。
ながら歩きは効果がないうえに危ないので、脚痩せ目的で歩くときは、他の事はせずしっかりと前を向いて姿勢を意識するようにしましょう。

 

以上、脚痩せ効果を上げる歩き方でした。
少し意識するだけで、脚痩せ効果も変わります。
なんとなく歩くだけではもったいないですから、是非とも3つの歩くポイントを意識して実行するようにしましょう!
正しいウォーキングを実践していれば、足がすらりときれいになるだけでなく、
美しい歩き姿も手に入れられると一石二鳥なのですから。




“ただ歩くはNG!脚痩せウォーキングのポイント” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です